埼玉県加須市・行田市・羽生市・久喜市の遺言・遺産相続なら弁護士・税理士の無料相談

弁護士、税理士、会計士による遺言・相続無料相談

けやき相続相談室

文字サイズ

  • 拡大
  • 標準

相談無料です。お気軽にご相談ください

サービスの特徴

HOME > サービスの特徴 >  生前相続の方へ

生前相続の方へ

生前相続の方へ

税金を睨みながら生前から相続しておけば、いざ相続が発生してもあわてることはありません。その方策をお客様に寄り添いながら、一緒に考えてみたいと思います。40年に及ぶ豊富な経験と数々のノウハウを駆使して、お客様にとって最適な“相続プラン”を提案致します。

節税対策

できるだけ長い時間をかけて贈与することによって、相当の財産を生前に相続することができます。その方策も暦年贈与から配偶者への居住用財産の贈与、孫たちへの教育資金の一括贈与等多岐にわたります。又土地の評価額を少なくする方策、小規模宅地を有効に利用するための方策、又非上場株式を所有していればこれらの評価を引き下げる方策等、課税財産の評価額が低くなるような工夫も大事なポイントとなります。
大胆な対策としては資産の組替えがあります。

納税資金対策

そうはいっても最終的に税額がゼロにならないとしたら、納税資金を確保しておかなければ困ります。相続税は相続開始から10ヶ月以内に、現金での一括納付が原則で、物納は余程のことがない限り認められません。
生命保険の活用は節税対策にもなり有効ですが、納税はなにも相続財産の中から払わなければならない、というものではありません。生前から金融資産を相続人に残してあげられれば、この中から払えば良いということです。そういう意味でも生前対策がキーポイントとなります。

争続対策

相続には争いがつきもので、相続ならぬ“争続”であると、この言葉も良く使われるようになりました。そこで円満な相続へ持っていくためには、生前から親として配慮してあげることが肝要です。それでもいざという時争いになるなと思うのであれば、遺言を残すというのが賢明な手段です。遺言は法定相続に勝るもので、遺留分さえ配慮してあれば絶対的なものです。しかし遺言としての要件を欠いていたのでは話になりません。リーガルチェックも含めた総合的な対策をご提案致します。

生前対策料金プラン 5万円~30万円(税抜)

▲ページの上へ戻る